一時預かり
地域子育て支援

Blog


おおぞら保育園のスタッフブログです。


保育参観(めろんぐみの運動会 5歳児)

天候が心配されましたがおひさまの陽ざしが出て

心地よい陽気の中めろん組の運動会を行いました。

コロナ渦の中での実施でいろいろと制約がある中の運動会

保護者の皆様の協力を得て無事に終えたこと感謝しております。

子ども達の元気さ、成長に思わずにっこり とても充実した一日になりました。

さあ、月曜日から身体を動かし毎日が運動会だね!



畑づくりから冬野菜

畑づくりから冬野菜 ( 雨漏りの修理)

園庭の一角にこつこつと子ども達と穴を掘り、畑をつくりました。

20cmから30cm程、穴をほり土を入れ替えました。 20cm程掘ると固い粘土層が

なんと2層、とても苦労しました。  完成かと思っていたら雨天後の水はけの悪さ

畑は田んぼ状態 ( ノД`)シクシク…   なんとか手直しをして種まき、苗植えへ

「  はくさい  ぶろっこりー  ほうれんそう  か ぶ  」

 「  慎重に種をまきました。」

 

保育園の近くに畑をお借りしていますが 身近に野菜の成長を感じられる場所にと

考え畑をつくりました。  家庭菜園のようなほのぼの感!  収穫が楽しみです。

 

雨漏りの修理

ホールの雨漏りの修理をしています。築17年が経つと園舎のあちら、

こちらに痛みが、毎日元気な子ども達が過ごしているだけに園舎もうれし悲鳴を

上げています。 こつこつとメンテナンスをしてなんとか現状維持です。

 「 匠の技 」

 

 

 

 



お楽しみ会(5歳児 めろん組)

お楽しみ会

新型コロナウイルス感染症の感染防止について

お泊り会をお楽しみ会に変更して実施。

子ども達の「やりたいな」「やってみたいなー」の思いを実現

仲間と共に楽しさを共有し遊びこんでいました。

 「 塩キャンドルづくり 」

段ボールであそぼう!!

 「わいわいと知恵をしぼり取り組む」

大きな家 自動販売機 ペンギン 恐竜など つくりたいものを子ども達の

思うように作ります。 自分たちで決め、自分たちで満足いくまで取り組む。

今日の活動がこれからの生活に連動していきます。

 



枝豆の収穫

枝豆の収穫

3歳児 ばなな組の子ども達が枝豆の収穫をしました。

土からの引き抜きは手ごたえがあり、腰を入れて「うんとこしょ どっこいしょ」

 「 いざ 出発 」

2グールに分けて 畑までの道のりを気を付けて歩きます

 

 「とれたぞー」

意気揚々と帰ってきました。 「えだまめ とってきたよー」

帰ってきたら 心地良い労働 「じょうずに とれるかな ? 」

その後、枝豆をゆでてもらい 給食の一品に加わりました。

 

 



マシュマロ焼き

マシュマロ焼き

数日前、みかん組の女の子から 手紙をもらう

手紙には 「えんちょうせんせい ましゅまろやいて 」

ということで マシュマロ焼きをしました。

慎重に焼きながらも「もういい」「たべてもいいかな」と漂う甘さに 誘惑され

いざ 食べてみると とろーりと口の中で広がる甘さに 思わずにっこり

 「 いいにおいがしてきたよ」

 「みかんぐみのあとにめろんぐみも」

好奇心旺盛なめろんぐみ 「次は私たちの番です」

 



飯盒炊飯

飯盒炊飯 めろん組

もうすぐ卒園  「なんでも挑戦してみたい」「やってみたい」

好奇心が旺盛な子ども達 飯盒にチャレンジ!

「わいわいと火おこし! けむりが めにしみるよ こげくさいにおいがするよ」

 「しっかりと火をおこさないと!」

 「ほくほくと できあがりました。」

「やってみたい」 の気持ちを大切に 子どもながらに火の体験

スイッチオンの便利な生活から離れて 昔ながらのご飯炊きを楽しんだ子ども達

今度は「焼きマシュマロをやりたいなー」と相変わらず好奇心旺盛な子ども達です。

 



お別れ会

お別れ会

もうすぐ卒園するめろん組を招待してみかん組、ばなな組で

ささやかだけど心のこもったお別れ会を開きました。

           「 これから はじまるよ 」          「ばなな組からの贈り物」

 

「 ありがとう! 」          「みかん組からのお祝いの言葉」

 

「みかん組からの贈り物」         「何をもらったのかな 興味津々」

 「心をこめて 歌をうたうよ!」

みかん、ばなな組は めろん組が卒園することを徐々に実感してきました。

たくさん たくさん 遊んでくれたお兄さん、お姉さんが大好きです。

保育園を巣立つ日まであと数日 残された日々を一緒に楽しく遊ぼうね

 



もちつき

もちつき

天候にも恵まれた一日、年末恒例の餅つきを行いました。

めろん組は鏡餅用の餅をみんなでついて作りました。

こども用の杵でも重たいものです。 バランスを保てなかったり、力加減がうまく

いかなかったり、でも いい体験ができました。

「 おもたいな おもちをねらって」      「きねにおもちがくっついた!」

 

 「よいしょ よいしょ!」

みんなの掛け声に合わせてお餅をついていきました。 自分の番がくるまでは

どきどき、 つき終わると「 ほうら できたでしょ 」と得意満面の子ども達です。

 

   「鏡餅ができました。」

 

昨今は衛生管理、感染症の問題もあり餅つきの廃止や規模縮小などで伝承の文化が

なくなりつつあります。 園では衛生管理に最善の注意を払いながら、できうる範囲で取り組んでいます。

子ども達が杵でついた餅は鏡餅になり、食するお餅はせいろで蒸かしたのちに餅つき機に入れ、衛生チェックを受けた職員(数名)で成型、調理して子ども達に提供しています。

 



陶芸教室

陶芸教室 めろん組

楽しみにしていた陶芸教室の日  船橋市にある「 石 陶 房 」さんの指導の下

陶芸に取り組んでみました。 今年はお皿づくり、土をこね、たたき平らにしたら、それぞれが考え、下絵で構想した模様や絵を描きこんでいきます。 その後に丸型に成型した粘土のふちを押し上げたり、それぞれのお皿が完成、思いのこもった作品を作り上げていました。

       

数か月後の焼き上がりが楽しみです。

※NPO法人 カムトゥルー「石陶房」 船橋市を中心に障害を持つ方やご家族が地域社会のなかで、その人らしく安心して暮らしていける支援体制やネットワークづくりをしている団体です。

 

 



ばなな組徒歩遠足(3歳児)

ばなな組 徒歩遠足

今日は楽しみにしていた西部小学校への徒歩遠足

天候に恵まれ、身体を動かすと汗ばむ陽気。

 

 「西部小までレッツゴー!」

 「おおきな鯉に くぎづけ」

「 小学校の遊具に挑戦   気分は小学生 」

小学校であそび、帰りの道中(遊歩道)で虫探しやかけっこなどで遊び、帰園

 「いただきまーす」

お弁当作り、ありがとうございました。 どの子にも満足気な表情がみられました。

 




お問い合わせはコチラ

047-441-9810

受付時間 7:00~19:00


トップページ | 一日の流れ | 保護者の皆様へ | 保育園概要 | 見学について

Copyright© 2015 社会福祉法人 創誠会 おおぞら保育園 All Rights Reserved.