一時預かり
地域子育て支援

Blog


おおぞら保育園のスタッフブログです。


みんなの運動会

みんなの運動会

子ども達だけの運動会

肌寒い陽気でしたが子ども達の元気さで寒さも吹き飛びました!

頑張れ 頑張れの声援 いきいきと身体を動かし楽しむことができました。

「かぜのごとく 走る 走る!」   「がんばるぞー」

「できることを楽しむ ゆとりの表情」  「 あと少し ほんのわずか 」

 

 



みんなのなつまつり2

みんなのなつまつり2(めろん組お店屋さん)

昨日に続きみんなのなつまつり めろん組が企画したお店屋さん。

お祭りにちなんだお店が並び開店しました。

仲間と共に知恵を出しそれぞれの思いを形に

小さいお友達もわくわくしながら買い物をたのしみました。

「 おいしいたこやきだよ」

 

「お好み焼きもなかなかのお味   たくさんおきゃくさんがきたらいいなー」

 

 「やきそば くださいなー」

「 まっててね いま 用意します。 いそがしい いそがしい!」

 

「 飲食コーナーも大盛況! おいしい料理に 大満足! 」

「 今度は僕たちもやってみようかな 」

 

 



みんなのなつまつり 初日

新型コロナウイルス感染症対策について保育園の行事も

新しい生活様式に対応して変更や縮小になっています。

子ども達の園生活はできるだけ普段通りに工夫をこらし楽しいものにしています。

今日は子ども達の夏祭り初日 めろんぐみのソーラン節の披露やみかん組の

おみこしの練り歩き、みんなで盆踊り、それぞれがお祭りを満喫! たのしみました

   「いよいよ はじまるよ」

 「 わっしょい わっしょい 」

「 こころもからだも うきうき わくわく  はりきってやるよ!」

 「いても たってもいられない 」

「わたしも いれて」



劇の会 劇遊びの会

劇の会(4,5歳児)劇遊びの会(3歳児)

劇の会には多くのご家族の方々が来園していただきました。

どきどき わくわく、はずかしさも いろいろな感情を体験、

でも、みんなの 「あたたたい  まなざし」「あたたかい 心のまなざし」があり

楽しくできました。 成果を見ていただくことを主眼においていない 劇の会

成長真っ只中の子ども達の今を感じとっていただければと思っています。

今日の経験が明日からの 育ち、学びの源になることでしょう。

   

「出番を待つ三匹のやぎのがらがらどん」         「7ひきのこやぎ」

「ももたろう みんなで楽しむ 」

 

   

「ぽんたのじどうはんばいき」            「3歳児 がらがらどん」

 

 「電車にのって」

「 拍手をもらうと うれしいね」「 応援ありがとう!」



節分の会

節分の会

子ども達がすくすくと育ち、健康でいられることを願いまめまきの会をしました。     「まめまきについてのお話をきく 」

ここ数年、メディアでも行き過ぎた「行事」として取り上げられる節分

怖がらせすぎたり、大人が面白半分で大げさに振る舞い、子ども達を連れ去ろうとし

たり、行事そのものの持つ意味を取り違えている園があるようです。

おおぞらでは 上記のような大人の振る舞いは厳禁、 子ども達からの思いを優先

楽しさの中に行事への思いが実感できるようにしていきました。

 

「まめまきをするよ」 「子ども達だけだから こわくないよ」「おにはそとー」

 「みんなで まめまきをするよ」

わくわくと期待感! 心が穏やかなところで 行事に向き合っていきます。



卒園式

卒園式

ご卒園おめでとうございます。

新型コロナウイルス感染防止等非常体制での式の挙行、

感染防止対策では保護者のご理解、ご協力に感謝申し上げます。

「おおきく すくすく 育った子ども達 」

「泣いて 笑って おこって けんかして」本気で向き合える仲間ができましたね

「 たくさんの思い出をありがとう 楽しかった日々をいつまでもわすれないよ」

こころから おめでとう

 



うんどうかい

うんどうかい

真夏日の中での運動会、たくさんの方の来園と応援で

たのしく、無事に終えることができました。

普段では感じることができない、あたたかな応援、声をからせての

「がんばれ、がんばれ」の声援、大きな励みになりました。

子ども達のみせる姿に子ども達の成長と園生活での営みを感じることができた一日に

なったことでしょう。 子ども達との思い出の1ページが増えました。

また、月曜日からたくさん、たくさん あそびましょう!

 「 たのしかったね! 」

 

 

 



夕涼み会2

夕涼み会2

行事色ばかりが濃くならず、子ども達の生活の中でしっかりと位置づく内容を考え取り組んできました。

大人の計画ばかりが先行すると 子ども達にとっては、教えられやらされている活動になってしまいます。

子ども達中心の活動に取り組んでいることが子ども達の主体的な取り組みを保障してあげることにつながります。

 

 「わっしょい !」

おみこしもグループで制作 子どもたちが思いを伝えあい、協力できる人数で取り組んでいきました。 担ぐのも大人の援助を求めず、自分たちでやってみることを大切にします。

 

ソーラン節 、踊りや振りを教えられ、覚えるだけの活動ではありせん。 日々の取り組み、子ども達の話し合いで自分たちの取り組みを振り返り、子どもながらに取り組みのめあてを出していきます。

 

さすが お父さん  大人の担ぎを目の当たりにした子ども達

その迫力と力強さ、息を合わせる姿に、心が踊ります。

 

「腕前をあげましたね」

みんなで踊る。 ひとりよりふたり ふたりよりさんにん みんなで踊るのは楽しいね

園生活では機械音(スピーカー)から流れる音楽はほとんど使用していませんが お祭りならではということで程よく、取り入れています。

 



夕涼み会

夕涼み会

天候が心配されましたが無事に夕涼み会を行うことができました。 子ども達、保護者や地域の方が笑顔で過ごせたこと嬉しく思いました。

子ども達の園生活の姿や成長の過程を知る機会になりました。

肌寒い一日でしたが夏の思い出の一こまを作ることができました

役員の方々と職員のチームワークも抜群!

会の運営にご尽力いただいた保護者の会役員の皆様

ありがとうございました。

 

 

 



もうすぐお祭り

もうすぐお祭り(夕涼み会)

おみこしを制作したり、ソーラン節を踊ったり、生活の中にお祭りに向けた活動が程よく入ってきました。

程よくとは、日常の生活や遊びを壊すことなく(大切にしながら)行事に向けた活動を取り組んでいくことです。

今日は保育園のみんなに見てもらう日、たのしみながら自分たちが取り組んできたことをみんなで再確認、できること、できたこと、中にはこまったなと思うことを共有する機会でもあります。

「これからはじめるよ」

「グループごとの制作」

「自分たちでかつぐんだ」

「ぐらぐらしたり」

 「駆け足になったり」

自分たちでつくったものは 自分たちで担ぎたい そんな思いを大切に、今日は初めてのお披露目、みんなで息を合わせることの難しさを実感した子ども達、 それぞれの感想をや気づきを伝えあい、次回につなげていきます。

 

「みることもたのしいね」

2歳児りんご組 めろんぐみのソーラン節を見学、思わず拍をとり応援します。

 「おどっちゃうよ!」

みていると、なんだか身体が動いてしまう。 みかんぐみは

みようみまねでソーラン節 「お兄さん、お姉さんは上手だね」

 

 

 




お問い合わせはコチラ

047-441-9810

受付時間 7:00~19:00


トップページ | 一日の流れ | 保護者の皆様へ | 保育園概要 | 見学について

Copyright© 2015 社会福祉法人 創誠会 おおぞら保育園 All Rights Reserved.