一時預かり
地域子育て支援

Blog


おおぞら保育園のスタッフブログです。


陶 芸 (めろん組)

陶 芸 (めろん組)

めろん組の陶芸  船橋市から石陶房(せきとうぼう)職員の指導のもと

陶芸に取り組みました。

 

「 準備が終わり職員紹介、続いて制作工程の説明、 制作の題材は魚

保育の中で読み聞かせてきた絵本から、魚への興味関心をもった子ども達、

陶芸で魚をつくったら、素敵な作品ができあがるだろうと取り組みました。」

 

「まずは粘土を均一に手のひらでたたき、のばしていきます。 」

 

「のばした粘土に事前に描いた型紙をのせ、竹串で形をぬいていきます。」

 

「形をぬき、 へりをなじませ、型紙のイメージにそいながら目やうろこを描いていきます。」  薬がけ、焼成は窯元にお任せし数か月後の納品を待ちます。

陶芸をやってみたい、出張陶芸教室に関心のある方は石陶房(せきとうぼう)のホームホームページをのぞいてみて下さい。



総合避難訓練

総合避難訓練

今日は総合避難訓練を実施しました。

毎月1回の避難訓練を実施していますが今月はくぬぎ山消防署の指導の下

総合訓練を行いました。

火元の発見、 館内非常ベル周知  119番通報、を経て子ども達は安全に

園庭に避難しました。 消火訓練も併せて実施、最後に消防車の見学をしました。

 

避難訓練後に消火器の使い方を教えていただき 先生が体験 「がんばれー」

の声援に後押しされ、上手に火元を消しました。「何事も体験してみることです」

 

 「子ども達には憧れの消防士」

子ども達に囲まれたくさんの質問に丁寧に対応していただきました。

この中から未来の消防士が生まれるかな

 

 「 大好きな消防車 」

「敬礼のポーズが決まっていますね。 思わずにっこり 撮影できてよかったね」

 

 

「急遽、出動の知らせ、あっという間に着替えサイレンを鳴らして現場へ」

普段では体験できない緊張の場面、市民の命を守る消防士さん、頑張って下さい。

来園していただき、ありがとうございました。



うんどうかい 一夜明けて

運動会 一夜明けて

運動会、ご参加ありがとうございます。

体が痛い、日焼けでひりひりと、普段、感じられない感覚に

充実感さえ感じられていることでしょう。

一夜明けた園庭、何事もなかったように静まりかえっています。

園庭君も一休み、普段よりもたくさんの人が上にのり、踏み固めてくれたのですから

休息も必要でしょう。

 「 ひととき の 休息 」

DIY

よく遊ぶ子ども達、遊具の痛みも急加速!

少しの時間をつかって大型遊具、デッキの色塗り、ほんの数か月で塗料は

はげ落ちてしまいます。 でも、うれしい悲鳴です。それだけ遊びこんでいる

ということです。

 

「 また、明日からたくさんあそぼうね。 たくさんの笑顔がみられるから 」

 

 

 

 



お月見

お月見

今年の十五夜(中秋の名月)10月4日の今日

曇り空でお月様に逢うことができるかな

涼しい風が吹き、少し肌寒さを感じさせますが秋を感じるこの頃です

秋の一コマ (保育室)

 

環境の中から子どもたちの好奇心が芽吹きます。お月見(十五夜)についてお話を

きいたり、秋の収穫、さつまいも、かき、おおきなあけびに目をこらしたり、みんな

でわらべうたをして遊んだり、実に和やかに心地よく過ごしていました。

「おつきさま   せんせいがうたってきかせてくれたよ」



対照的 めろんとももぐみ

対照的 めろんとももぐみ

涼しく感じられる日もあり、秋の訪れを感じられるこの頃

正午前、各クラスを回ってみると子どもたちの成長を感じられる場面に

もも組(1歳児)は給食を食べた後、お昼寝の身支度を済ませると各自が自分の布団へ

入ります。 入園、進級から5か月が過ぎ、生活のリズムが整ってきます。毎日の

繰り返し、積み上げが子ども達の生活を確かなものにし、1歳児なりに自ら行動(動く

)に移しています。

 

すやすやとお昼寝。登園からそれぞれが十分に遊んでいる証でもあります。

対照的にめろん組(5歳児) もも組がお昼寝についたころホールでは

積木に集中、遊びに没頭するあまり、時間の経過がビューンと過ぎていきます。

それぞれが知恵を出したり、仲間と協力したり、時には手法の違いで言い合ったり

、それも楽しく遊ぶためには必要な衝突。

 まだ、初歩的な積木の組み方ですが・・・

次第に腕前を上げ、様々な工夫をしていくことでしょう。

 「子どもたちの使っている積木」

「宮崎県のみやざきスギでできている、からからつみきです。崩れるときに

からからと音がするのが名前の由来とも言われています。」

※ウッドデザイン賞2015を受賞した製品です。



歯科巡回指導

歯科巡回指導

鎌ヶ谷市健康福祉部の歯科衛生士が来園し

子ども達(全園児)の口腔内をみていただきました。

6月の歯科検診の経験から衛生士のお話を興味を持って聞いていました。

うがい、歯磨きの仕方も指導していただき、丈夫な歯、口腔内の衛生維持に

つなげていきたいと思います。

 ももぐみ

「口をおおきくあけてみてもらいました。 つぎはぼくのばんだね」

 

ばなな組「紙芝居を見た後 、一緒に歯磨き、じょうずにみがけているよ」

 

 みかん組

「 毎日の習慣、 丁寧にブラッシングができていました。」

 

 

めろん組  6歳臼歯に興味津々、永久歯の中でも最初に萌出し最も長く使う

大切な歯ということを知り、ブラッシングもより丁寧に行っていました。

衛生士の皆さん、お忙し中、ご指導いただきありがとうございました。

 

 

 



D I Y

D I Y

今日は南側の園庭に柵を作ってみました。 まだ未完成ですが・・・

乳児クラスの外遊び時に落ち着いて遊べるように空間を確保したいと

いう思いからです。 (職員からのリクエストもありました)

 

柱を立てます。 レベルを合わせます。  板を並べおおよそのイメージを

 

板を等間隔に打ち付けます。  次の作業は 板のやすり掛けとペンキ塗り

開閉の扉をつけて完成です。  ただいま扉を思案中。

 

 「北側に」

北側に山砂を2立米搬入しました。

「木陰の下で気分よく砂遊びを満喫してくれるかな。」

 

 



わらべうた

わらべうた

定期的にわらべ歌の指導者を招いて保育実践をみていただいています。

研修会とは異なり、実践をみていただき、具体的な指導、アドバイスは保育の

質の向上につながります。 学び多き一日、明日への保育の糧になります。

  0歳児「ももや ももや」

「も もや ももや ながれは はやい せんたくすれば

きものが ぬれる あ どっ こいしょ」

洗濯をする母親の動作を子どもはよく見ています。きれいな薄い布を

片手に持って、布をふって「ふり洗い」また布をしぼったり、「もみ洗い」

をしながら歌います

 

ももぐみ                       りんごぐみ

 

 

ばななぐみ                      みかんぐみ

 

 

めろんぐみ

 



きのうのつづき

昨日、園庭の隅に山砂を搬入しました。

1立米(りゅうべい)縦1m×横1m×高さ1m ほどです。

5歳児の数人から遊び始めた宝さがし

 「昨日はひたすら穴掘り」

 

 

今日は遺跡発掘のようにシャベルで掘り続けています。

 「宝の正体は?」

「砂の中に10センチから20センチの砂の塊」 宝にみたて掘り出しに夢中

かれこれ1時間がすぎると5個のバケツの中は宝が山盛りになりました。

「たいせつに 保管」

5歳児の宝探し終了後は4歳児

「ぼくたちもみつけようよ」

4歳児のあとは 3歳児

「みつかるかな」

遊びの伝承、子どもたちの楽しさが自然に伝わる空間

「あしたもつづきをやるよ」

 

 

 

 

 

 



防災倉庫

防災倉庫を設置しました。

園舎内に備蓄品や機材等保管していましたが災害発生時に園舎崩壊の危機があれば

備蓄品を使うことは不可能になります。

備蓄品の分散、災害時の有効な活用を考え防災倉庫を設置しました。

現在はテントや鍋、釜、発電機などが保管されていますが徐々に必要な

機材、備蓄品などを購入し災害への備えを整えていきます。




お問い合わせはコチラ

047-441-9810

受付時間 7:00~19:00


トップページ | 一日の流れ | 保護者の皆様へ | 保育園概要 | 見学について

Copyright© 2015 社会福祉法人 創誠会 おおぞら保育園 All Rights Reserved.