一時預かり
地域子育て支援

Blog


おおぞら保育園のスタッフブログです。


今日のひとこま

今日のひとこま

緊急事態宣言から2週間が経とうとしています。

保育の必要な家庭の子ども達が登園しています。 ワイワイと活気がある日々とは

ことなり、それぞれがじっくりと遊びに向かい合っています。

 

「まちきれない 子どもの日」

かぶとをつくりそれぞれが絵を描いたり、模様を描いたり、 自分が(自分たちが)やった できたことを たのしく、ほこらしげに練り歩く ばなな組 (3歳児)

 

 「5歳児 めろん組」

もくもくと カバンをつくっています。  頭で考え、身体を動かし、全身で

創造することを楽しんでいます。

少人数の生活にも 保育園に来れば それぞれが やりたい、やってみたいことに

向かい、楽しい時間を自ら(友達と共に)が作っています。

 

近隣自治体(市川、船橋、浦安、白井)は今週に入り自粛要請から休園に準じた対応に変わり、保育受入れは医療関係者をはじめ社会の安定維持のため、事業の継続が求められるなどの職種の家庭に限定しました。 各自治体で異なりますが利用には保育利用申出書などの提出が必要となっています。 現在、近隣市では鎌ヶ谷市のみが4月8日からの自粛要請から対応強化への通知は出ていません。 今後どのようは判断をされるのか、また対応強化になったときを仮定して保育園の体制や事業所への協力依頼など保育園が、保護者が今からでもその手立てをしっかりと考えておかなければなりません。

 



自然災害への心配も

自然災害への心配も

発達した低気圧の影響で東日本を中心に大雨になっています。

4月としては記録的な強い雨を観測したところもあるようです。

  「激しい雨で築山の砂は流れ落ちる」

 

夕方には雨や風のピークは過ぎましたがこの先の自然災害にも注意や備えが必要です

今日は土曜日、数名の保育が必要な子ども達が登園しています。新型コロナウイルス

感染症の感染対応を講じながらも地震や今日のような激しい雨、台風に備えなくては

なりません。

 

 

 



登園自粛の中で

登園自粛の中で

緊急事態宣言が発令され鎌ヶ谷市より登園自粛の願いから1週間が

経ちました。 保護者の皆様のご協力によりなんとか保育運営ができています。

他市の保育園が自粛要請から受入れ規模の縮小、休園措置をとるなか市内の

保育園は感染防止対策を行いながら保育が必要な子ども達の生活の維持に努めていま

す。

 

「ふねに みたてて  いざ出航 !!  めざすは こいのぼり島 」

 「おうちごっこ おいしいお料理をつくるわよ」

  「ありさんの おうちをつくろうよ 」

 

「チョコレートアイスをつくっているよ」  

「おままごとのバックを作ったり ひたすら雑巾をぬったり 時間を有効活用」

 

事態収束の見通しもつかない今、みんな疲れている。

でも、手を抜くことはできない。 この状況から抜け出し、心から笑い合える日が

くるまで みんなで みんなで 頑張りましょう。 協力しましょう。

ひとりで抱え込まず、みんなで知恵をしぼり 支えあいましょう。

子ども達の笑顔のために



千葉・わらべうた・in 鎌ヶ谷

千葉・わらべうた・in 鎌ヶ谷

1月18日(土) 当保育園でわらべうたの研修会が開催されました。

県内外から40名を超える保育に従事している方々(大学の先生や保育者を

志す学生の参加も)が集まり有意義な講座が行われました。 参加者それぞ

れがしっかりと課題を持ち、主体的に参加されたことが学びをより充実させています。

   

真剣に かつ 穏やかなムードで 研修会は進んでいきました。

 

「研修会の学びが日々の保育につながります」

小雪の舞う寒い中、参加していただいた方々、ありがとうございます。

研修会開催にあたり、家庭保育のご協力をいただいた保護者の皆様、

ありがとうございます



あけましておめでとう!

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。       

待ちに待った保育園の日、「おめでとう」

「ことしもよろしく」と子ども同士の会話から

お正月の経験、体験が感じ取ることができます。

久しぶりの登園だけど、すんなりと生活になじみスタートできるところが子ども達の

成長をひしひしと感じる瞬間でもあります。  静かな保育園に活気が戻り、

これからの生活が楽しみです。

 

「 なわとびもできるようになったよ 」  「みんなであそべる ワクワク感!」



総合避難訓練

総合避難訓練

鎌ヶ谷市くぬぎ山消防署立会いの下、避難訓練を行いました。

 「消火器の取り扱訓練」

「 せんせい がんばれー! 声援にこたえ見事に火消しに成功 」

 

 「防火着を着用 いざ放水へ」

「 いきよいよく 放水」

「てきぱきと迅速な動きに魅了され 、 放水がはじまると大歓声!」

 

一番の楽しみは消防車の見学  この中から未来の消防隊員が現れるかな

日々、市民の安全、防火、防災活動に尽力されている消防隊員に感謝

来園していただき、ありがとうございました。

 



夏真っ盛り

夏真っ盛り

暑い暑い夏が続いています。 熱中症の対策には十分に配慮しながら、夏ならではの遊びを満喫しています。

水遊び、プール、泥んこ遊び、今日は夏の風物詩「すいかわり」を楽しみました。

 

「みごとにわれましたね」        「きもちいいね!」

 「どこにいっちゃうの」

 

「せんせいも本気モード えい」   「せんせいにつづけ!」

「こんなにおもたいの」

 「さあ およぐぞ!」

※安全面には十分気をつけ、プールでは子ども達と一緒に入り 指導する保育士と監視に専念する保育士を配置しています。

プールに入っていても熱中症になるケースもあり、プール上にテントを張り、暑さ対策も試みています。



JA夏祭り(北初富盆踊り大会)

北初富盆踊り大会

JAで開催された北初富連合自治会主催の盆踊り大会に

めろん組が出演しソーラン節を披露しました。

 「はじまるよ」

 「気合十分!」

「気持ちよく踊って」

「終了後にハイポーズ」

天候が心配されましたが無事、踊ることができました。

お休みの中での参加、保護者の皆様 ご協力ありがとうございました。

 



総合避難訓練

総合避難訓練

月1回の避難訓練の他、くぬぎ山消防署、消防隊立会いの下6月と11月に総合訓練を実施しています。

 

火災を想定し初期消火、通報、避難とスムーズに訓練ができました。 こつこつと日ごろの積み重ねが災害時には発揮されます。

今後も丁寧に訓練を継続していきます。

 

 

 

 

 

 



救命講習

救命講習

鎌ヶ谷市消防本部にて救命講習を受講しました。

安全、安心な生活の維持、子ども達の命を守るために必須の救命

について定期的に講習を受けています。

心肺蘇生法、AEDの取り扱い、窒息などの対応を学んできました。

 

 

ぎこちない動きもトレーニングを重ねるごとに迅速、正確に救命動作を行えるようになってきました。

 

 

 




お問い合わせはコチラ

047-441-9810

受付時間 7:00~19:00


トップページ | 一日の流れ | 保護者の皆様へ | 保育園概要 | 見学について

Copyright© 2015 社会福祉法人 創誠会 おおぞら保育園 All Rights Reserved.