一時預かり
地域子育て支援

おおぞら保育園スタッフブログ


おおぞら保育園のスタッフブログです。


遠 足 みかん組

遠 足

汗ばむ陽気、絶好の遠足日和になりました。

4歳児みかん組は市川市の動植物園に遠足にいきました。

近隣の観光スポットでもある動植物園、一度はみんな行ったことはあっても

みんなで行くと楽しさ倍増、動物たちとの出会いにもわくわく、それぞれの気づきや

発見を伝えあいながら楽しい時間を過ごしました。

 「到着です。はやる気持ちを抑えて」

 「足取りも軽快に」

動物とのご対面、 いろいろな気づきや発見 じっくりと観察!

 「汽車にものりました。」

楽しい時間は あっという間に過ぎていきました。 みんなと楽しさの共有、郊外での体験、明日からの生活の活動源になることでしょう。



うんどうかい

うんどうかい

真夏日の中での運動会、たくさんの方の来園と応援で

たのしく、無事に終えることができました。

普段では感じることができない、あたたかな応援、声をからせての

「がんばれ、がんばれ」の声援、大きな励みになりました。

子ども達のみせる姿に子ども達の成長と園生活での営みを感じることができた一日に

なったことでしょう。 子ども達との思い出の1ページが増えました。

また、月曜日からたくさん、たくさん あそびましょう!

 「 たのしかったね! 」

 

 

 



夏真っ盛り

夏真っ盛り

暑い暑い夏が続いています。 熱中症の対策には十分に配慮しながら、夏ならではの遊びを満喫しています。

水遊び、プール、泥んこ遊び、今日は夏の風物詩「すいかわり」を楽しみました。

 

「みごとにわれましたね」        「きもちいいね!」

 「どこにいっちゃうの」

 

「せんせいも本気モード えい」   「せんせいにつづけ!」

「こんなにおもたいの」

 「さあ およぐぞ!」

※安全面には十分気をつけ、プールでは子ども達と一緒に入り 指導する保育士と監視に専念する保育士を配置しています。

プールに入っていても熱中症になるケースもあり、プール上にテントを張り、暑さ対策も試みています。



お泊り会

お泊り会

待ちに待ったお泊り会、わくわく!どきどき!「みんなでとまれるうれしさ!」「家族と離れて過ごす、寂しさと不安」

複雑な心境をいだいていたけど時間の経過と共に楽しさと嬉しさが倍増。 充実した宿泊体験になりました。

身体を動かし、お腹を減らし、みんなでつくったカレー食べる

食欲も旺盛、 自分たちで作れば絶品の味「おかわり!」

「食後に 風鈴をつくったり、パネルシアターをみたり」

「 すやすやと眠りのモードへ  朝まで心地よい眠り」

 「 一夜明けて 」

一夜明けて、朝6時過ぎには起床、さっそく、カブトムシに餌をあげたり、女の子は先生に髪を結ってもらったり、一日がスタートしました。

 

 

 

 



JA夏祭り(北初富盆踊り大会)

北初富盆踊り大会

JAで開催された北初富連合自治会主催の盆踊り大会に

めろん組が出演しソーラン節を披露しました。

 「はじまるよ」

 「気合十分!」

「気持ちよく踊って」

「終了後にハイポーズ」

天候が心配されましたが無事、踊ることができました。

お休みの中での参加、保護者の皆様 ご協力ありがとうございました。

 



夕涼み会2

夕涼み会2

行事色ばかりが濃くならず、子ども達の生活の中でしっかりと位置づく内容を考え取り組んできました。

大人の計画ばかりが先行すると 子ども達にとっては、教えられやらされている活動になってしまいます。

子ども達中心の活動に取り組んでいることが子ども達の主体的な取り組みを保障してあげることにつながります。

 

 「わっしょい !」

おみこしもグループで制作 子どもたちが思いを伝えあい、協力できる人数で取り組んでいきました。 担ぐのも大人の援助を求めず、自分たちでやってみることを大切にします。

 

ソーラン節 、踊りや振りを教えられ、覚えるだけの活動ではありせん。 日々の取り組み、子ども達の話し合いで自分たちの取り組みを振り返り、子どもながらに取り組みのめあてを出していきます。

 

さすが お父さん  大人の担ぎを目の当たりにした子ども達

その迫力と力強さ、息を合わせる姿に、心が踊ります。

 

「腕前をあげましたね」

みんなで踊る。 ひとりよりふたり ふたりよりさんにん みんなで踊るのは楽しいね

園生活では機械音(スピーカー)から流れる音楽はほとんど使用していませんが お祭りならではということで程よく、取り入れています。

 



夕涼み会

夕涼み会

天候が心配されましたが無事に夕涼み会を行うことができました。 子ども達、保護者や地域の方が笑顔で過ごせたこと嬉しく思いました。

子ども達の園生活の姿や成長の過程を知る機会になりました。

肌寒い一日でしたが夏の思い出の一こまを作ることができました

役員の方々と職員のチームワークも抜群!

会の運営にご尽力いただいた保護者の会役員の皆様

ありがとうございました。

 

 

 



もうすぐお祭り

もうすぐお祭り(夕涼み会)

おみこしを制作したり、ソーラン節を踊ったり、生活の中にお祭りに向けた活動が程よく入ってきました。

程よくとは、日常の生活や遊びを壊すことなく(大切にしながら)行事に向けた活動を取り組んでいくことです。

今日は保育園のみんなに見てもらう日、たのしみながら自分たちが取り組んできたことをみんなで再確認、できること、できたこと、中にはこまったなと思うことを共有する機会でもあります。

「これからはじめるよ」

「グループごとの制作」

「自分たちでかつぐんだ」

「ぐらぐらしたり」

 「駆け足になったり」

自分たちでつくったものは 自分たちで担ぎたい そんな思いを大切に、今日は初めてのお披露目、みんなで息を合わせることの難しさを実感した子ども達、 それぞれの感想をや気づきを伝えあい、次回につなげていきます。

 

「みることもたのしいね」

2歳児りんご組 めろんぐみのソーラン節を見学、思わず拍をとり応援します。

 「おどっちゃうよ!」

みていると、なんだか身体が動いてしまう。 みかんぐみは

みようみまねでソーラン節 「お兄さん、お姉さんは上手だね」

 

 

 



つくること

つくること

子ども達のあそびにはつくる(造る、作る、創る)ことがかかせない。 遊びをより楽しくするため創造し、知恵を出し、今、持っている技術をつかい、それぞれが楽しんで取り組んでいく、時には難しさに直面し仲間の協力を願い出たり、大人の力をかりたりしながらも自分たちの遊びの拠点をつくっている。

 「段ボールを使って}

部屋一面が子ども達の自由な空間になっていく

 これから 何をつくる

思いが形になっていく  どんどん発想が膨らむ

 ロボットもおてのもの

 



総合避難訓練

総合避難訓練

月1回の避難訓練の他、くぬぎ山消防署、消防隊立会いの下6月と11月に総合訓練を実施しています。

 

火災を想定し初期消火、通報、避難とスムーズに訓練ができました。 こつこつと日ごろの積み重ねが災害時には発揮されます。

今後も丁寧に訓練を継続していきます。

 

 

 

 

 

 




お問い合わせはコチラ

047-441-9810

受付時間 7:00~19:00


トップページ | 一日の流れ | 保護者の皆様へ | 保育園概要 | 見学について

Copyright© 2015 社会福祉法人 創誠会 おおぞら保育園 All Rights Reserved.